恵比寿「喜久や」オシャレな街の立ち飲み屋さんは絶品天ぷらが食べられるお店

わたしって日本人じゃないですか。

俗に言う日本人じゃないですか。

誰がなんと言おうと日本人なんです。

そんな日本人が食べるものと言ったら天ぷらじゃないですか。

日本三大和食である、

「SUSHI(スシ)」

「SYABUSYABU(シャブシャブ)」

「TENPURA(テンプラ)」

の1つ、天ぷらを食すじゃないですか。

むしろ天ぷら的な何かをむしゃぶりつくんです。

定期的に。

それこそ、週3のペースで食べるじゃないですか。

週3のペースで食べてる気持ちで月1回食べるじゃないですか。

でも本当は半年に1回程度しか食べないという現状。

だって天ぷらって高いんだもん。

激!高い食べ物なんだもん。

そんなのセレブしか食べられないんです。

社長や政治家のように、会食のたびに頻繁になんて食べられないんです。

あー、羨ましい。

でも、そんな庶民のわたしにも食べに行ける天ぷら屋さんがあるんです。

それが、みんな大好き「天や」。

でも、「天や」はご飯を食べるところじゃないですか。

そんなところでアルコール的なものを飲んでると白い目でみられるじゃないですか。

あー嫌だ、白い目でジロジロ見られるなんて耐えられない。

でも大丈夫。

みんな大好き「天や」以外で庶民がお酒を飲みながら天ぷらを食べれるお店があるんです。

そう!それはまさに大人の階段を登らせるオアシス!

そんな大人の階段登るシンデレラのような気分を求めて、プチセレブなエリートサラリーマンがはびこる街「恵比寿」に行ってきました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

TVや雑誌で人気の「喜久や」は、天ぷら×立ち飲み屋のハイブリッド

お店の場所は、JR恵比寿駅 東口より徒歩2分くらい。

雑誌やテレビなどでも紹介される超人気店です。

お店は、恵比寿店の他に麻布十番、吉祥寺、日比谷、川崎、大阪は梅田にも店舗があります。

お店に伺ったのは、平日の18時半頃。

店内はわたしが入ったタイミングで入れ替わったお客さんもいて、6〜7割程度の入りでした。

人気五品は、大根@200円、海老@300円、イカ@250円、牡蠣@380円、万願寺(甘唐辛子)@250円。

定番の海老やイカだけでなく、大根や牡蠣、万願寺が人気なのは面白いですね。

メニューを見ると、他の天ぷら屋さんでは見かけないような変わり種の天ぷらが多くあります。

ドリンクは生ビール@600円、瓶ビール@580円、酎ハイ@380円、ハイボール@500円〜、日本酒@380円〜、焼酎@580円〜、ワイン@500円〜と、一通り揃ってます。

特に、ビールの横に日本酒や焼酎ではなくワインのメニューがあるように、天ぷらとワインの組み合わせを推しています。

アンジャッシュ 渡部さんが著書でも紹介していた人気No.1メニュー「大根」

まずは生ビール@600円で乾杯。

瓶ビールがサッポロ赤星だったので、瓶ビールにしようかとも思いましたが、生ビールがエビスビールだったので生を注文。

恵比寿だけにビールもエビス。

最高です。

立ち飲み屋さんということもあり、お通しはありません。

なので、天ぷらを待つ間に自家製ポテトサラダ@380円を注文。

頼んだ天ぷらは、左から大根@200円、イカ@250円、アスパラ@280円とウニ@450円。

人気No.1でお店の看板メニューでもある大根は、とろろ昆布が乗っていて、食べやすいように4つに切られています。

味が付いているのでそのまま食べるように勧められました。

食べてみると、京風の出汁がよく染み込んでいて、おでんの大根を天ぷらにしたような感じ。

こんなの家じゃ絶対にできない!

ましてや「天や」でも絶対にできない!(失言)

また、珍しいウニの天ぷらは、大葉に巻いてあり、こちらもそのまま食べます。

火を通したウニって初めてかも。

こんなの家じゃ絶対にできない!

ましてや「天や」でも…(以下、略)

残りの定番のイカとアスパラは、塩で食べることを勧められました。

この二品もすごい。すごーーーーく美味い。

なお、塩は抹茶塩とカレー塩、ヒマラヤ岩塩が用意されています。

ワインと天ぷらがコンセプトらしいので、2杯目は白ワイン@500円をグラスでいただきます。

ワインはポルトガルのワイン、カザルガルシア・ヴィーニョベルデ。

ワインに疎いので、名前を聞いても「あー、アレね」とならないのが悲しいですが、ポルトガル国内のベストセラーワインとの表記がありました。

なんでも、天ぷらはポルトガルから伝えられた料理だということで、ポルトガルワインが合わないわけがない!というのがワインをオススメする理由なのだとか。

なるほど、何気に天ぷらに合いますね。

お肉が食べたかったので、鳥カラ天@180円を注文。

九州の大分名物でトリ天がありますが、鶏の唐揚げの天ぷらというのは面白い。

食べた感じでは、天ぷらよりも唐揚げよりな味でした。

という事で、他にも頼みたかった変わり種の天ぷらがありましたが、19時を過ぎたあたりで8割〜9割くらいが埋まるほどの大盛況となってきたのでお会計としました。

お会計

★合計 2,840円+消費税

  • 生ビール 600円
  • 白ワイン グラス 500円
  • 自家製ポテトサラダ 380円
  • 大根 200円
  • イカ 250円
  • グリーンアスパラ 280円
  • 雲丹(ウニ)450円
  • 鳥カラ天 180円

まとめ

前々から評判を聞いていたので、一度は来てみたかったお店でした。

変わり種の天ぷらも美味しく、他ではなかなか食べられないので、代わりのきかない天ぷら屋さんですね。

立ち飲み屋さんとしては少し価格帯が高いですが、天ぷら屋さんとしてはかなりリーズナブルです。

カウンターで揚げたてを食べるお座敷天ぷらだとどうしても敷居が高いので、こういうお店があると嬉しいですよね。

また来ます!

※価格、メニュー、営業時間など投稿した内容は、筆者が訪れた当時の情報をもとに執筆しています。公式情報はお店のHPやグルメサイトの情報を参照してください。

お店情報

関連ランキング:天ぷら | 恵比寿駅代官山駅

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする