大和「立呑屋 ほたる」昼から飲める大和市民の憩いの場

いろいろあって飲みたい日ってあるじゃないですか。

あー飲みたい。

飲みじゃくりたい。

でも平日の夜遅くだと、翌日のことも考えてガッツリ飲んでいられないんですよ。

あー辛い。

あー飲みたい。

そうだ!

そんな時こそ立ち飲み屋だ。

あー好き。だから好き。

ありがとう立ち飲み屋さん。

そんな立ち飲み屋さんに感謝の気持ちを込めて、感謝状を送りたい。

全国の立ち飲み屋さんに感謝状を送りたい。

むしろ、送った気になりたい。

送ったことにして、満足したい。

よし、満足。

そんな大好きな立ち飲み屋さんを求めて、小田急江ノ島線と相鉄線が交わり合う大人な街「大和」を訪れました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

大和「立呑屋 ほたる」は、大和昼飲みの聖地

お店は、大和駅北口を出て、ケンタッキーと横浜銀行の間の通りにある昭和通り商店街にあります。

開店が昼の13時からなので、平日休日関わらず、昼間から多くのお客さんで賑わっています。

私が訪問したのは平日の21時ごろ。22時閉店なので、お客さんも少なくなったところを滑り込みで入りました。

ちなみに、こちらのお店は、南口にある南店街の「居酒屋 ほたる」の姉妹店で、南店街のお店の方は座れるお店です。

カウンターに並ぶ女将さん手作りのおばんざいがおススメ!

まずは生ビール@450円で乾杯。

グラスもよく冷えていて、乾いた喉を潤してくれます。

お店のオススメは、やきとり@120円と串揚げ@80円〜のほかに、カウンターに並べられたおばんざい@200円など。

カウンターに並べられたおばんざいは、女将さんが毎日開店前に仕込んでいるのだそうです。

ということで頼んだのは、おばんざいの中から煮込み@200円と壁の短冊メニューの中からマグロのブツ@400円。

煮込みは豚モツの煮込みでした。

ゴボウやニンジンなどの根菜もたっぷりで、量の割に食べ応えがあります。

大きめに切られたマグロのブツもお酒のアテにちょうどいい感じ。

2杯目は黒ホッピー@420円をチョイス。

こういうお店ではホッピーかコップ酒が良く似合います。

お店おすすめの串揚げからレバカツ@150円を頼みたかったのですが、タイミングが悪く品切れで食べることができず、中@200円をおかわりしてお店をあとにしました。

お会計

◆合計 1670円+消費税

  • 生ビール 450円
  • 黒ホッピーセット 420円
  • 中おかわり 200円
  • マグロブツ 400円
  • 煮込み 200円

まとめ

愛想のいい女将さんと娘さんが交互でお店に出られているようで、私が訪問した時は女将さんがお店に出てる日でした。

お店のお客さんは、年齢層の高い諸先輩方の常連さんばかりなのですが、一見で訪問した私にも女将さんが気さくに話しかけてくれました。

立ち飲み屋さんだと、おひとり様用にTVを置いている店が多いのですが、こちらのお店ではTVはなく、店員さんや周りのお客さんと会話を楽しむお店でした。

いつもお店の前を通っていて、常にカウンターがいっぱいの印象ですが、中に入るとお客さんが詰めてくれてスペースを空けてくれるので、意外と入れたりしますよ。

また来ます!

※価格、メニュー、営業時間など投稿した内容は、筆者が訪れた当時の情報をもとに執筆しています。公式情報はお店のHPやグルメサイトの情報を参照してください。

お店情報

関連ランキング:焼き鳥 | 大和駅

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする