大和「鳥福」本当は教えたくない大和の二大焼き鳥屋の一つで食べるやきとりが美味すぎる!

世の中腹が立つことだらけなんですよ。

もうね、激!ご立腹なんです。

でももう大人じゃないですか。

腹が立つことをいちいち引きずっていられないじゃないですか。

いつまでも夢見る少女じゃいられないじゃないですか。

だからそんな日は怒りを鎮めるためにアルコール的な何かを飲んで忘れるに限るんです。

アルコール的な何かを摂取してしまえばいいと古の時代から言い伝えられているんです。

そしたらね、気がつくんです。

アルコール的な何かを飲んでいる時が幸せってことを。

やっぱりね。

そうじゃないかと薄々感じてた。

アルコール的なものを飲んでると、大抵のことがどうでもよくなるからね。

むしろ、どうでもよくなりすぎて、何に腹を立てていたのか忘れてしまいますからね。

あー、まさに忘却の彼方。

そんな幸せを求めて、とある街の、とある老舗やきとり屋さんに伺いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

大和「鳥福」は創業50年以上の老舗やきとり屋

お店は大和駅から徒歩3分ほど。通称「親不孝通り」と呼ばれる「すずらん通り」にあります。

わたしが伺ったのは、平日の22時過ぎ。お店がひと段落した頃を狙って伺いました。

店内は、コの字カウンターのみの作りで、お客さんは先客が6名ほど。

普段こんなにお客さんが少ないことがないので、遅い時間に行って正解でした。

焼き加減が絶妙な絶品のやきとりで乾杯!

まずは生ビール@550円で乾杯。

お通しに出てくるピーナツ(サービス)をポリポリ食べながら焼き鳥が焼けるのを待ちます。

まず来たのが左からナンコツ@140円、ハツ@140円、タン@140円。

自家製の辛味噌をつけて食べるのが旨い!

続いて鳥皮@140円。

パリパリに焼いた鳥皮も好きだけど、表面カリで、中ふんわりの焼き加減もいい。

タレで出てきたのが左からツクネ@140円、レバー@140円、ネギ@140円を挟んでいるのがカシラ@140円、そして一番右がシロ@140円。

秘伝のタレが、また旨い!

二杯目は緑茶割り@450円

結局、緑茶割りをもう一杯おかわりして美味しい焼き鳥を堪能しました。

お会計

★合計 2,570円+消費税

  • 生ビール 550円
  • 緑茶割り 450円×2
  • ナンコツ 140円
  • タン 140円
  • ハツ 140円
  • 鳥皮 140円
  • つくね 140円
  • レバー 140円
  • カシラ 140円
  • シロ 140円

まとめ

お店は1964年からやっているということなので、今年で創業55年になるんですね。

お店自慢のやきとりを一口食べれば、長くお店が続いている理由もわかると思います。

大和でやきとりというと、「鳥清」さんが有名ですが、「鳥清」さんに負けず劣らずの名店でした。

また来ます!

※価格、メニュー、営業時間など投稿した内容は、筆者が訪れた当時の情報をもとに執筆しています。公式情報はお店のHPやグルメサイトの情報を参照してください。

お店情報

関連ランキング:焼き鳥 | 大和駅

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする