日ノ出町「あさひや」老舗のおでん屋さんで美人女将と美味しいおでんに大満足!

おでんって良いですよね。

鰹節と昆布でとった出汁に、練り物や卵、厚揚げ、竹輪、その他いろいろな種を入れて長時間煮込むおでんという食べ物が大好きなんです。

あと、美人女将って良いですよね。

仕事で疲れて帰ってきた男を出迎えてくれるのは、少しのお酒と温かい料理。そして、美人女将の優しい笑顔。

でもね、その女将も普段はそっけない態度であまり相手にしてくれないんです。

1人で切り盛りしているから、1人のお客さんだけ相手にしているわけにはいかないんです。

でもね、そんな女将が、ふと見せる笑顔。

愛想なしの君が笑った、そんな単純なことでついに、肝心なものが何かって気づいちゃったりするんです。

あー、イイ!

ということは、大好きなおでんと大好きな美人女将が組み合わさったら最強じゃないですか。

炊きたてのご飯×明太子ぐらい最強の組み合わせじゃないですか。

男子高校生×唐揚げ、トンカツぐらい最強の組み合わせじゃないですか。

童顔×巨乳ぐらい最強の組み合わせじゃないですか。

あー、行きたい。

そんな最強の組み合わせなお店に行きたい。

むしろ、そんなお店に住みたい。

童顔の巨乳がいるお店に居座りたい。

そんな娘がいるお店はどこですか?

あっ!間違えた。美人女将の方だった。

探そう。

そんなお店を探そう。

そしたらね、見つけましたよ。

スタッフが一生懸命探しましたよ。

そんなこんなで、美人女将がやっているというおでん屋さんを求めて、日ノ出町駅に降り立ちました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

日ノ出町「あさひや」関東風の出汁がきいたおでんで冷えた身体を温める

お店は、京浜急行線の日ノ出町駅より徒歩2〜3分。

「くしやき 安」の向かい側にあります。

店内は、L字カウンターのみで10人も入るといっぱいになってしまう小さなお店。

常連さんたちが足しげく通うお店なので、開店前から行列が並び、常に満席のお店です。

お店に伺ったのは、平日の18時過ぎ。

開店前から行列ができる人気店という話を聞いていたので、入れるか心配だったのですが、L字カウンターの角にひと席だけ空いていてなんとか滑りこむことができました。

わたしが入店した後も続々とお客さんが中を覗きにくるのですが、女将さんが申し訳なさそうにお断りしていたので、本当にラッキーでした。

美人女将がつくる居心地のいい空間で乾杯

まずはビール@530円で乾杯。

こういうお店には、瓶ビールがよく似合う。

頼んだのは、タマゴ、ロールキャベツ、豆腐、しらたき。

優しい関東風のお出汁が寒空で冷えた身体を温めてくれます。

お店のおでんの特徴としては、おでんで人気の具材でもある大根がありません。

おでんの出汁の味が変わってしまうというのが理由らしいのですが、そういったこだわりがあるのも人気の1つというところでしょうか。

ホーロー製の大鍋に具材が盛りだくさん。

これが遅い時間に行ってしまうとほとんどなくなってしまいます。

お店の女将さんが本当に素敵な方で、そっけない感じもなく、常連さんも新規のお客さんも分け隔てなく優しく接してくれていました。

お店は、アルコール類3杯までというルールがあるので、ホロ酔い程度で帰るのがこういう老舗のお店では粋ですよね。

まあ、小さいお店なので、あとのお客さんのためにも長居は無粋というもの。

ごちそうさまでした。

お会計

★合計

  • 瓶ビール
  • たまご
  • ロールキャベツ
  • しらたき
  • 豆腐

まとめ

本当に昔ながらのおでん屋さんという感じで、「寒い日はおでんだよなー」という時にぴったりのお店でした。

とは言っても、かなりの人気店なので、フラッとお店に入れないのが残念なのですが…。

お店は、平日の17時〜21時までの営業時間なので、19時ごろに行くと具材が少なくなってしまうので、早めの時間に行くことをおすすめします。

また来ます!

※価格、メニュー、営業時間など投稿した内容は、筆者が訪れた当時の情報をもとに執筆しています。公式情報はお店のHPやグルメサイトの情報を参照してください。

お店情報

関連ランキング:おでん | 日ノ出町駅桜木町駅伊勢佐木長者町駅

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする