桜ヶ丘「大衆酒場 和田屋」老舗の魂を引き継ぐ地元に密着したお店

そんなわたしは、大衆酒場が大好きなんですよ。

大衆酒場ってアレじゃないですか。

大衆のための酒場じゃないですか。

大衆の大衆による大衆のための酒場って感じじゃないですか。

それが THE 大衆酒場。

そこをいくと、わたしなんて THE 大衆じゃないですか。

誰から見ても明らかに THE 大衆なんです。

Googleで「大衆」って検索すると、「お前!」って一番上に出てくるくらいビタ一文大衆なんですよ。

そんな大衆を代表するわたしですから、アルコール的な何かを摂取するには、大衆酒場に行かざるおえないわけです。

ということで、新たな THE 大衆酒場を求めて、小田急江ノ島線でぶらり途中下車の旅をしてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

和田屋イズムを引き継ぐ下町情緒あふれる大衆酒場


お店は小田急江ノ島線桜ヶ丘駅東口から徒歩2分。銀座通りをてくてくと歩いていると、奥の方にあります。

和田屋というと、かつて麻布十番にあった大正9年創業の老舗「食堂 和田屋 」(すでに廃業)の名前を思い出しますが、この「食堂 和田屋」さんから暖簾分けされた都内8店舗の一つ、新橋店の大将の息子さんがオープンしたのがこちらのお店だそうです。

さて、お店を訪れたのは平日の21時半頃。

店内は、L字カウンターのみで、先客は7名ほど。2人組のお客さんが1組いて、あとはおひとりのお客さんばかり。

みなさん仲良さそうに店主と話していたので、常連さんばかりのお店のようです。

寒い夜だから熱燗とおでんで乾杯!

そんなこんなで、まずは赤星の大瓶@500円で乾杯。

オーダーしたのは、ポテトサラダ@350円。

中身はゆで卵、キュウリ、ニンジン、ハムと盛りだくさん。胡椒が効いています。

マヨネーズが添えてあり、追いマヨネーズができるので、自分好みにできるのも嬉しい。

おでん おまかせ3点@250円。

具は、大根、卵、コンニャク。これで250円とは驚き。

出汁がしみてて本当に旨い。

おでん 豆腐@100円。

おでんが美味かったので、最近ハマってる豆腐を追加オーダー。

これも旨い!

刻みネギと鰹節をかけてくれているので、温奴のようなのですが、そこにおでんの出汁がマッチしていて美味しい。

おでんには熱燗でしょう!ってことで、熱燗 菊正宗@350円。

寒い日は、あったかいおでんと熱燗があればそれだけで満足です。

ごちそうさまでした。

お会計

★合計 1,550円(内税、席料なし)

  • 瓶ビール 大瓶(赤星) 500円
  • 日本酒 熱燗(菊正宗) 350円
  • ポテトサラダ 350円
  • おでん三点盛り 250円
  • おでん 豆腐 100円

まとめ

遅い時間に訪問したせいで、お店の名物の煮込みが売り切れでしたが、ポテトサラダやおでんがとても美味しくて、満足できました。

お客さんは、みなさん近所に住んでいる方たちのようで、本当に地元に密着した大衆酒場らしいお店でした。

また来ます!

価格、メニュー、営業時間など投稿した内容は、筆者が訪れた当時の情報をもとに執筆しています。公式情報はお店のHPやグルメサイトの情報を参照してください。

お店情報

関連ランキング:居酒屋 | 桜ケ丘駅

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする